プロフィール

清明

Author:清明
    
4/27。AB型

オノディ大好き☆
ドイツ語勉強中♪




AKITO  遠すぎた空

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

メロメロパーク♪

ツイッター

チャットしよう♪

Plurk

Let’s 植木!

アクセスカウンター

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俳句

俳句って難しいね…
前台湾にいた時こういうものが一番苦手なんだ…
文や文章、どっちも苦手…

今回ここに勉強することを決めたとき、
「今回の授業内容は俳句がないようにしてください!」と祈ったけど、
甘かったな私…まさか俳句を二つ作らなければならない……
本当にショックだわ……
大体5,7,5なんて全然聞いたことがないぞ!
以前俳句を読んだときも「アイヤ~これは何だ…私には無理だな…こんなものを作っるのは…」
まさかここに来て、こんなものにあった……
逃げたいでも逃げられない、だってこれは宿題だもん……
夏休みが終わったらこの宿題を提出しなければならない、しかも皆の前でプレゼンする。
でも幸い最後無事終了した……発表の直前にね……
そして先生も急に
「皆さんはみんなの俳句を見て、その中に二つを選んでくださいね~最後は三席まで選ぶよー」といった。
聞いたことないぞ先生!!そんなにいきなりーーーーー

で、結果はちょっと…私をびっくりした……
私が作った俳句、その中の一つが……二席を取った
「マジかよ…あり得ないでしょ…」これは当時考えたことだった

その選ばれた俳句は

「山の川 空を舞いてる 蛍火か」

元々は山じゃなくて夏だ。でもそうすると季語が二つ入るので、最後に夏を山に変えちゃった。
これを作ったきっかけは中学のとき、それと今にも一番好きなゲームのことを思い出したから。
そのゲームの中でこんなシーンがあったので、これを思い出して俳句を作ったんだ
あれは本当にいいゲームだったわ~今ももう一度やってみたいな~~

でも…そろそろ新しいのを出してくれよ…もう十年待ったんだ……

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。